男女ともに性病の中でも罹患率の高い性器ヘルペス。
女性器と男性器の接触や、オーラルセックスによって感染し性器やおしり等の周辺部位に水ぶくれの様なものができる病気です。
この水ぶくれを触って破いてしまいますと、周辺やほかの部位にも感染してしまいます。
ヘルペスにも1型と2型が存在し、1型は口唇など上半身にできるもの、2型は下半身にできるもので、主に多いのが2型です。

この性器ヘルペスの特徴としては、初感染後に例え体に免疫ができたとしても、風邪などで免疫力が低下した際に再発する可能性があります。
この性器ヘルペスが体の中に入った場合、腰回りにある神経の根元に住み着いてしまい、そこから体の中に潜伏し続けます。
このヘルペスは現在の日本人男女では72000人が感染所と言われており、年齢層では20代が圧倒的に多いです。
また60代になりますと、このlヘルペスを持った人がほとんどです。
そして厄介なことに、この2型ヘルペスを患った人のうち、実に60パーセントもの人が、自覚症状がありまえん。

こうして自分が感染しているとは全く気付かないまま、性交渉をすることで、感染症患者が広がっていきます。
この性器ヘルペスを治す方法としては、日本で処方されているヘルペスの治療薬は、バルトレックスという内服医薬と、ゾビラックスという内服薬と外用薬です。
バルトレックスは錠剤タイプで、1日2回服用します。ゾビラックスの内服タイプは1日回服用し、外用薬は一日数回患部に塗ります。
ヘルペスと診断された場合は、状態にもよりますが、5日から10日間処方された薬を服用または塗布します。
この性器ヘルペスに感染してしまった場合、8割の患者が1年以内に再発してしまいます。
再発を防ぐ為には、体調の管理も同時にしていく必要があります。

また、1年に6回も再発してしまう場合、対処法としてバルトレックスを1日1回飲み続けることで、このヘルペスの症状が体に現れる前に、ウイルスの増殖を抑えて再発を減らすということができます。
再発の回数を減らせるため、パートナーへの感染リスクも回避でき、この対処法を行うことで、ヘルペスの治療そのものを短期間で終わらせることができるというメリットがあります。
この再発抑制治療法は約20年も前から行われている治療方法であり、安全性も認められた対処法で、幅広い医療機関で現在も行われています。
日本だけではなく世界50か国で行われています。

ヘルペス治療薬に伴う重い副作用とは

性器ヘルペスの薬で代表的なゾビラックスとバルトレックスですが、副作用があり、重篤になる薬がバルトレックスです。
バルトレックスの主な副作用は、肝臓の障害が現れてしまい、全身の皮膚が黄色くなり、体のだるさが現れたりします。

肝臓に障害が現れることで、発熱や食欲不振、吐き気や嘔吐にかゆみです。
そして副作用が重篤化してしまうと、肝炎や急性膵炎、無呼吸や血小板減少にアナフィラキシーショックですが、この中で最も重篤になるのはアナフィラキシーショックです。
アナフィラキシーショックの症状が現れてしまいますと、血圧の低下、意識が薄れる、また致死率がとても高いことでも知られています。

バルトレックスそのものは、長期間服用しても特に問題はありません。ですが、用量が多くなってしまいますと副作用が現れやすくなってしまいます。
重篤な副作用を防ぐためには、医師から処方された量をしっかり守ることです。

最近では医薬品をインターネットで海外から代理輸入してくれるサイトがありますが、海外の薬はしっかりとした説明もなく、自己判断で飲んでしまった結果、思わぬ副作用に悩まされる患者さんも少なくありません。適切な治療をするためには、婦人科や皮膚科に泌尿器科を受診しましょう。