ヘルペスの治療は、DNAポリメラーゼ阻害効果やDNA合成阻害効果、細胞壁合成阻害効果などウイルスの増殖を抑制するマクロライド系やテトラサイクリン系、セフェム系の抗生物質を主成分とする化学療法剤が主に用いられています。
化学療法剤は、性病科や泌尿器科、婦人科、皮膚科などを有する病院や専門の医療機関で検査及び診察を受診する必要があり、ドラッグストアで販売されている物とは有効成分の含有量や副作用のリスク、効果などが大きく異なる為に処方箋無しでは購入する事は出来ませんが、現在では病院以外に個人輸入やネット通販の個人輸入代行でも購入する事が簡単に出来ます。

ヘルペスの治療薬の輸入には、原則として薬事法の規定に基づく厚生労働大臣の承認及び許可等を必要とする薬監証明書とも呼ばれる医薬品等輸入報告書の発給が必要とされ、個人的な使用目的で個人輸入する際にも厚生労働省の地方支分部局へ必要書類を提出し許可を得る必要があります。
現在では、営利目的や他人への譲渡目的では無く個人使用に限り、化学療法剤などの処方箋薬に関しては用法用量に基づいた1カ月以内の使用量に相当する医薬品の個人輸入が許可されています。
ネット通販の個人輸入代行や個人輸入は、経済的負担を軽減する為に病院から処方された医薬品と同じ有効成分のジェネリックを購入する事が多くあります。

個人輸入は、日本の医薬品医療機器等法に適合しているか確認されていない海外メーカーの物を購入するので、医薬品医療機器等法の第51条の添付文書等記載事項や第53条の記載方法に基づいて製造販売されている安全性や信頼性などが非常に高い日本国内の承認薬とは大きく異なり、有効成分の虚偽記載製品や有害物質混入製品、精巧な偽物が送付されて来る事があり、服用した事により重篤な副作用や重度の後遺症を発症する事があり、日本国内では輸入したダイエットサプリの服用による死亡事故も発生しています。

個人輸入は、服用により健康を害した結果、重篤な後遺症を発症しても自己責任とされ、重篤な副作用や重度の後遺症が発症した時に治療費や療養費を給付してもらえる医薬品副作用被害救済制度を受ける事が出来ない弊害があります。
個人輸入で購入する際には、価格を比較するだけで無く、事前に購入予定の海外メーカーの評価や社歴、有効成分の含有量、含有添加物の安全性、記載事項の信頼性、口コミなどをしっかりと確認する必要があります。

治療薬はネット通販で簡単に購入することができる

ヘルペスの治療薬は、一般的に医療機関で受診して処方して貰うか、処方箋に基づきドラッグストアなどで処方して貰うしか無く非常に時間と手間が掛かっていましたが、現在では個人輸入が緩和されネット通販で簡単に購入出来る様になっています。
ネット通販では、他の通販サイトで商品を注文する様に注文するだけで簡単に購入する事が出来、面倒で手間のかかる手続きは代行業者が全て処理してくれるので簡単です。

個人輸入のネット通販では、世界各国のメーカーで製造される同じ作用機序の色々な種類のヘルペス治療薬を購入する事が出来、効果は同じでも価格の安い様々なジェネリック医薬品を比較検討し購入する事も可能なので、利用者の選択の幅が広がります。
個人輸入のネット通販では、海外から輸入するので必然的に送料はかかってしまいますが、病院まで交通費やガソリン代に加え診察費用など雑多な費用の必要性が無く、病院と比較すると経済的負担や時間的手間の両方が省けとても便利です。

ネット通販には、数多くの個人輸入代行業者がいるので価格の比較だけで無く、サービスや送料、社歴、対応など自分に適した個人輸入代行業者を選択する事が出来ますが、製造販売業許可や表示義務、広告規制など薬事法を厳守している業者からの購入のほうがリスクは少ないと言えます。